車 知識

車についての予備知識

車に関する予備知識をご紹介します。

 

車関連の専門用語はけっこうあるものです。
車のカタログを見るにしても、雑誌をめくってみるときにも専門用語は数々出てきます。
用語がわからないと何について書いてあるのかも判りません。

 

基本的な用語から専門用語までをわかりやすく解説していきます。

4WD

4WD フォー・ホイールドライブと読みます。日本ではヨン・ダブリュ・ディーと呼ばれるのが一般的です。
4つのタイヤが駆動するタイプであり、悪路に強くSUVなどに多く採用されています。
これに対して2WDがあります。4つのタイヤのうち2つだけを駆動させるものです。

 

この4WD のメリットとしましては、荒れた路面や、滑りやすい路面といった悪路の走行にとても強くなります。
4つのタイヤで効率的にパワーを伝えることができるので、安定して走ることが出来ます。
さらに、スタート時に4輪全部で駆動するのでホイールスピンがほとんどないのがメリット・特徴と言えるでしょう。

 

もちろん、デメリットもあります。
それがFFや、FRに比べて機構が複雑になり車体が重くなり、燃費も悪くなります。
そうなると、車体が重いと制動も悪くなり止まりにくくなります。また車体の価格が高くなるのが特徴でしょう。

 

代表的な車となりますと、やはりランサーやインプレッサ、レガシィなどがあげられるでしょう。
この他にもパジェロ・デリカD5フォレスターやジムニーなどがあげられます。

 

砂地や急勾配斜面、雪道などでは驚くほど安定した走りを実現できます。
高速コーナーでも車体が流れることなく、安定したコーナリング性能を発揮できるシステムです。

FF

FFとは、エンジンが前にあり、前輪が駆動する車の事です。
フロントエンジン・フロント駆動です。
エンジンと駆動輪が近いので、車体後部へと動力を運ぶプロペラシャフトが要らないなど、車の部品を減らして組み立て時間を短縮することが可能となっています。
ほとんどの車が採用しているシステムです。

 

これに対してFRとはフロントエンジン・リア駆動になります。

 

FFのメリットは何があるのか?と言いますと、トランクションが前のタイヤに(フロントタイヤ)にかかるため、直進時の安定性がとても高い。
悪天候でも、走行安定性性能が高い、などが上げられます。

 

この他にも、エンジンが横置きの場合だと、車長を短くしても、車内のスペースを広くする事が、出来ます。
後は、プロペラシャフトが必要ないので、部品を減らしたり事で、車を比較的安く作ることが出来、コストパフォーマンス的にもいいです。

 

前のタイヤだけで動かすので、旋回時に不安定になりやすいので、スポーツ的な動きはあまり向いていません。
なので、高出力エンジンの車や重たい車体にはあまり向いてません。

 

代表的なものと言えば、プリウスであったり、ヴォクシー、カローラやセレナ、エルグランド、ステップワゴン、ライフ、アルトラパンがあります。

 

一般的な車のタイプですので、日頃乗っている車はこのタイプのエンジンになるでしょう。

ボディの種類

車のボディーにも様々な種類があります。

 

【セダン】
車の形で一番ベーシックなスタイルなのが、このセダンになります。
日本語で言いますと『箱形』になります。
4枚のドアを持っており、乗る人に対して快適性を追求した車と言えるでしょう。
また、後部座席も大人がゆったり、安心して座れるようになっています。

 

【クーペ】
セダンのトランク部分がなくなり、屋根から後部バンパーまで流線型につないだ形の車になります。
スポーツタイプの車に多く採用されています。
セダンに比べ後部座席のスペースは狭く、シートはあるものの、実用的なスペースが確保されていないものが多いです。

 

 

【ハッチバック】
クーペ同様トランク部分がなく、屋根から斜めに後部バンパーをつないだ形になっていて、斜めの部分が開いて荷物が積み込めるタイプのものです。
クーペと違う点は人が座る空間、荷物を載せるラゲージスペースがしっかりとことです。
トランクがないので、その部分に上下に開くハッチを入れることで、ラゲージスペースがあるのです。

 

【オープン】
屋根がないタイプの車です。カブリオレとも呼ばれています。
通常はクーペタイプの屋根がないものが多いですが、セダンタイプで屋根がないものもあります。

 

オープンは収納式の幌が付いていて、雨が降ったときなどは、この幌をかぶせるようにして簡易的な屋根を作ることが出来ます。
こうした幌を『ソフトトップ』と呼んでいて、それに対する形で「ハードトップ」もあります。
堅い屋根をオープンカーに乗せて使います。
国内では窓枠がないものをハードトップと呼ぶこともありますが、屋根が外せないので、本来のハードトップとは異なります。